シロアリ駆除を業者に依頼すれば住宅の耐久性アップ

sp_main

一匹でも確認できたら要注意!白蟻・羽アリの恐怖

自宅に白蟻が住み着いてしまうと住宅の耐久性が衰えてしまい、建物の倒壊などを発生させてしまう危険性が高まります。そのため自宅で白蟻を発見した場合はすぐに対策を実施し、被害を防がなければなりません。

白蟻や羽アリは数万匹で生活をしている
白蟻は通常数万から100万程の数で集まって生息しているため、住宅の中で一匹でも見つけたら住宅内で白蟻が大量発生している可能性が高いです。一日に食す木材の量は70グラム程であり、一年放置するだけでも住宅には大きな悪影響が生じてしまいます。そのため自宅で白蟻を見かけた場合は、すぐに住宅をチェックしなければなりません。
修繕費用が莫大にかかる恐れがある
白蟻は住宅の木材を食べる性質を持っており、その被害によって住宅がダメージを受けても火災保険では修理費用などを補うことはできません。そのためきちんとした対処を実施しておかないと住宅修繕に多くの資金を使ってしまい、今後の日常生活に悪影響が生じる可能性が高いです。そのため白蟻の被害を最小限に抑えるには、きちんと住宅の状態を調査しておく必要があります。
シロアリ被害

シロアリ駆除は業者に依頼する

白蟻の被害を防ぐには住宅に住み着くのを予防する必要があります。専門業者に依頼を行ない、シロアリ駆除を実施しましょう。

素人では完璧に修復ができない

住宅への悪影響を防ぐためにシロアリ駆除を実施するのはとても有効ですが、個人ではきちんとした方法でシロアリ駆除を実施することはできません。屋根裏や床下などの場所に薬剤を散布するのには熟練した技術が必要になってきますし、素人がこうした作業を実施すると住宅に悪影響が生じてしまう可能性があります。これからシロアリ駆除を実施しようと考えている方はシロアリ駆除を取り扱う会社に相談を行ない、業者の方に駆除作業を実施してもらいましょう。

白蟻・羽アリを巣ごと根絶するベイト工法

シロアリ駆除の方法にはいくつかの種類が存在していますが、最も効率良く駆除を行なえるのはベイト工法によるシロアリ駆除です。

ベイト工法の概要

ベイト工法とはなにか?
ベイト工法は白蟻に有害なベイト剤を利用し、徐々に駆除していく方法です。ベイト剤に利用されているIGR剤には昆虫の脱皮や羽化を阻害する効果があり、脱皮などを行なわない哺乳類や鳥類などには害を与えない特性を持っています。そのため自宅で生活している家族や飼っているペットに悪影響を与えることはなく、大量発生したシロアリを死滅させることができます。駆除が完了するまでには、約1か月から3か月程の時間が必要です。

ベイト工法の流れ

ベイト剤の設置とモニタリング

ベイト工法によって白蟻を駆除する際はまずステーションを設置し、自宅周辺に潜んでいるかをチェックします。

ベイティング

白蟻の存在を確認した後は、白蟻が好むものにベイト剤を付着させてステーションに設置します。こうしておくと白蟻がベイト剤を積極的に食べ、巣の中にいる女王蟻などにもベイト剤による影響を行き渡らせることが可能になります。ベイト剤がきちんと巣まで行き渡ると白蟻は全て死滅するため、周囲の住宅に悪影響を与えることはありません。場合によっては働き蟻にしかベイト剤が行き渡らない場合がありますが、この場合でもしっかりとシロアリ駆除をすることができます。

再モニタリング

ベイト剤によってシロアリ駆除が完了した後は再び調査を行ない、白蟻がきちんと全滅したかを確認します。

業者
  • ガッツポーズのポイント

    シロアリ110番

    シロアリの被害が発覚したらシロアリ駆除をしてもらいましょう。こちらでは自分でできる駆除方法も紹介しています。
  • 住宅のポイント

    シロアリ駆除隊

    年中無休の嬉しいサービス!シロアリ駆除は専門家に依頼するのが1番ですよ。安全な方法でしっかり対応してくれるので便利ですね。
Button Top